【夜学/Naked Singularities Vol.0 開催レポート】その1

「学問は机の上だけでするものではありません。もちろん物理学も─。
サイエンス×カフェでもなく、サイエンス×バーでもなく、今回は物理学×クラブ!「夜学」は夜にする学び。物理学を中心とした様々な学問を、クラブ仕立てのスペースで体感するイベントです。東京学芸大学宇宙物理学研究室のメンバーが中心となって、パフォーマンスも行います。
学校でやる昼の学びを既存の枠組みとするなら、「夜学」はその枠を外す学びの場です。夜には不思議な高揚感があります。ときには怪しさや妖しさも。
宇宙の始まりや宇宙の果て、ブラックホール、そして時空や次元…。それらの面白さを体感する、新しい学び方を提案します。物理学は、世界を丸ごと受けとめるための方法です。この空間に、物理を浴びに来て下さい!」
このコンセプトで実施した超実験的エンターテイメント「夜学/Naked Singularities」Vol.0は大盛況のうちに終了しました!プロトタイプ版とも言える今回でしたが,本格的な展開となる次回からの成功を確信するものとなりました.
「夜学/Naked Singularities」では物理学をエンターテイメントとして提示しますが,趣旨は子ども向けの科学教室や科学ファン・物理ファン向けのサイエンスイベントとはかなり異なるものです.私自身,様々なところで科学イベントを行ってきましたが,そうしたイベントでは「昼間の学問」しか伝えられないことに忸怩たる思いを抱いていました.
例えば集客のために,「難しい数式は一切用いずに,わかりやすくお話します」という宣伝文句を用いることはよくあります.そうすれば,当然表面だけのお話しかできません.逆に数式を多用すれば,実質的に科学ファンのためだけのイベントになってしまいます.一部の方だけが盛り上がってしまい,ほとんどの方が白けてしまったことも一度や二度ではありません.「間口を広げようとすれば浅くて簡単な内容しか話せないし,深い話をしようとすればコアなファンしか集めることができない」という,どんな分野でも,どんな業種にも共通するジレンマといつも戦っていました.
しかし僕は,「本当は両立が可能である」という信念も持っていました.物理嫌いの人はもちろん,勉強嫌いにも学問をエンターテイメントとして体験させ,しかもその後に自ら学びたくなる気持ちを芽生えさせることは不可能ではないはずだと.それは全く新しい学びになるだろうけれども,勉強嫌いな生徒や斜に構えた「大人」連中が興奮し,その後には「ちょっと勉強してみるかな…」と思わず言い出してしまうようなことができるはずだと.恥ずかしながら,高専教員時代には6年連続でベストティーチャーに選ばれ,「やる気の無料配布」という二つ名まで与えられた自分としては,今度はそれを全世界相手にやってみたいと思っていたわけです.
科学ファンや宇宙ファンの期待を良い意味で裏切り,「特に学ぶ気はなかった」という人にまで「来て良かった!」と思わせられるかどうか.それにはお行儀のよい講座や単に盛り上がるイベントではなく,文字通りかっこいいイベントをやろうと.そのために自分が大好きなクラブ,そして「夜」というセットアップを用意しました.
僕はパフォーマティブな講義をすることが多いので「見せ方がうまい」と評価していただくことがよくあるのですが,当然のことながら「信念>コンテンツ>見せ方」の順で意識しています.というか,信念がなければコンテンツは決まりませんし,コンテンツが決まらなければ見せ方は決まりません.クラブも音楽も照明も,ある意味当然の帰結なのです.
「夜学」では,コンテンツとして以下のラインナップを揃えました.
第1部 19:00〜20:00
• クラブタイム
• opening:「保存則」
• performance: 実は深い実験
• performance: 只管打坐・只管打算 (calculation of curvatures)
第2部 20:00〜21:00
• クラブタイム
talk: 少し背伸びする物理
• クラブタイム
• visual: recognition
第3部 21:00〜22:00
• クラブタイム
• performance: さふぁり・ぱーく
discussion on Infinite Derivative Gravity and Black Holes
• visual: mathematical physics & shape
第4部 22:00〜23:00
• クラブタイム
talk: 「際(きわ)」
• フリータイム・クロージング&次回予告
だいぶ長くなりましたので,それぞれがどんな出し物だったのかは少しずつレポートしていきますが,「物理学が本来持っている凄さで勝負できる」コンテンツを揃えました.
「見えない世界を観る」,「見立てる」,「気配を感じる」,「極端で遊ぶ」,「枠の向こうへ行く」…,といった物理学の定石とも言える数々の技でもって世界を捉える,しかもそれをクラブ仕立てのスペースで体ごと浴びる空間が今回初めて出現しました.次回は10月か11月に開催する予定です.本格開催となる Vol.1 をお楽しみに!

0コメント

  • 1000 / 1000

Kobayashi Shinpei / 小林晋平 Website

Quantum Gravity Black Holes The Early Universe Metamaterials Mathematical Physics & Shapes